navi

革靴の生命線を守る

二子玉川店

シューケアマイスター部二子玉川店の寺田です。

 

革靴の生命線は「中底」です

中底とは靴の内部で足の裏が触れるパーツのこと。
中底の素材が厚みのある革の場合、履き込むことで足裏の形状に馴染みます。これが革靴の履きやすさにつながるのです。

 

中底の特徴


中底は靴の構造によっては交換もできますが、中敷き(インソール)と違って基本的に修理交換の対応が難しい部分。
交換できたとしても、その前後で履き心地の変化が生じやすいのです。

それゆえ中底は同じものを、良いコンディションで使い続けたいところ。

 

 

中底の手入れ方法

中底を長持ちさせるため、私が実践しているお手入れ方法をご紹介します。

10~15回ほどの着用を目安に、固めに絞ったタオルで中底を水拭きします。

5分間乾かし、M.MOWBRAY PRESTIGIO・リッチデリケートクリーム(税込¥1,650)を指で塗り込みます。
塗る量の目安は片足あたり米粒4粒ほど。

その後、約2日間乾燥させれば完了です。

 

靴の内部を覗いてみて、中底が革の場合はこの方法をお試しください。

中底の持ちはグッと良くなります。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

東京都世田谷区玉川3-17-1

玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場内

 直通電話番号:03-6447-9177

Twitter :@FutakoShoecare

Instagram:@futako.shoecare



「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。