navi

【靴の扱い方】4つの基本

こんにちは。二子玉川工房の寺田です。

 

先日、いつもお世話になっているメガネ屋さんの店主から「レンズに傷もなく、綺麗に使ってくださっていますね」と、メガネの扱い方を褒めてもらいました。

メガネが似合うことを褒めてもらうのも嬉しいですが、その扱い方を褒めてもらうのは、思っていた以上に嬉しかったです。

メガネと靴という違いはあっても、モノと長く付き合うための方法を伝える仕事をしているからかもしれません。

 

メガネを綺麗に扱えるようになったのは、このメガネ屋さんの店主のおかげです。

店主は、ただ販売するだけでなく、メンテナンス方法を含めたメガネとの付き合い方を丁寧に教えてくれました。

・メガネをかけるとき、外すときは必ず両手で

・レンズはいきなり乾拭きしない

教えてもらったのはシンプルなことでした。

ただこれを守ってきただけで、良い状態で使い続けることができています。

 

 

では、革靴の場合はどうでしょうか。

・靴べらを使って、靴を履く

・靴を履くときには紐を締める。脱ぐときには紐を緩める

・靴を脱いだあと、ホコリを落とす

・1日履いた靴は、2~3日は休ませる

まず、守っておくと良いのは、この4つです。

基本的な扱い方を守っているだけでも、靴の寿命は確実に伸びます。

 

スニーカーでも、ワークブーツでも、ドレスシューズでも、この基本は変わりません。

愛着のある一足をできるだけ長く履くために、まずは基本となる扱い方を知り、実践していただければと思います。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 二子玉川店

所在地:東京都世田谷区玉川3-17-1

玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場内

電話番号:03-6447-9177(直通)

 

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。