navi

今、革靴を履くこと

こんにちは。二子玉川工房の寺田です。

 

先日、友人と「装うこと」について話していました。

 

外出すること、人と直接会うことが減って、身に着けていて楽なものを求める人が増えています。

「当然の流れだけれど、これが全てになってしまっては寂しいよね」というところで、私たちの意見は一致しました。

 

襟付きの服を着る。

ネクタイを締める。

革靴を履く。

 

確かに、どれも多少の窮屈さはあるかもしれません。

それでも私は、身に着けたもの一つでコーディネートが締まる感覚や、少し背筋が伸びる感覚を大切にしたいと思ってしまうのです。

 

Tシャツ一枚でなく、洗いざらしのシャツや軽いジャケットを羽織ってみる。

スニーカーでなく、よく手入れされた革靴を履いてみる。

普段の延長で、肩肘を張らずにちょっと装ってみるのは、なかなか良いものです。

誰かと対面することがなくても、自分の心にメリハリがつきます。

 

少しでも快適に革靴を履くこと。

快適に履ける革靴をお持ちであれば、その靴と長く付き合う方法を知ること。

この仕事を通して、そんなことのお手伝いができれば良いなと、友人との会話で改めて思った次第です。

 

明日、9月23日は私だけでなく、弊社営業スタッフの湯浅も、二子玉川工房の店頭にてお客様のご相談を承ります。

気温が落ち着いて、革靴を履くにはもってこいの時季です。

革靴のお手入れに関する疑問や質問を持って、ご来店いただければと思います。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

東京都世田谷区玉川3-17-1

玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場内

直通電話番号:03-6447-9177

 

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。