navi

靴磨きでの布の巻き方

こんにちは。二子玉川工房の寺田です。

 

「靴磨きのとき、布ってどうやって指に巻くの?」

「布を指に巻くことが、上手くできなくて」

 

今まで、何度も何度も、店頭でご相談を受けてきたのに。

布の巻き方について、このブログで一度もお伝えしていなかったことに気づきました。

本当に今さらなのですが…

 

そこで、今回はシューケア・靴磨きにおける、布の指への巻き方についてのお話です。

 

 

指に巻く布の種類は?サイズは?

靴磨きに使う布は、水分をよく吸収する、柔らかめの布がお勧めです。

ご自宅にあるものであれば、Tシャツの切れ端、使い古したハンカチなどをお使いください。

タオルは、靴の縫い目に毛羽立ちが引っかかる可能性があります。

 

指に巻く際に重要なのは、布のサイズと形です。

綺麗に巻くことができるのは、縦10cm×横40cmくらいの長方形の布です。

ハンカチなどはそのままでは大きすぎるので、10cm幅の短冊状になるよう、カットしてください。

これで指に巻きやすくなります。

 

また、弊社ではシューケア・靴磨き専用の布をラインナップしています。

M.MOWBRAY リムーバークロス

液体汚れ落としのステインリムーバーを使うときに最適な布。

ステインリムーバーを含ませたときに汚れをキャッチしやすい、吸水性が高い繊維です。

15cm×28cmの布が5枚入っています。

 

 

M.MOWBRAY ポリッシングコットンミニ

靴磨き用のワックスなどを塗るときに最適な布。

靴の表面で滑らせ、磨きやすいよう、リムーバークロスよりも柔らかい繊維です。

8cm×37cmの布が3枚入っています。

 

 

基本は利き手の人差し指に巻く

今回は、布の指への巻き方の一つとして、私がいつも店頭でお勧めしている方法をお伝えします。

 

布を巻く指は、利き手の人差し指です。

 

 

広げた布の中心を人差し指に乗せます。

人差し指の先端が、布のど真ん中にくるようにすると、綺麗に巻くことができます。

(慣れてくれば、中心でなくても上手く巻けるようになります)

 

 

利き手とは逆の手で、布をつかみます。

布を引っ張って、人差し指と布の間に隙間ができないようにします。

 

 

人差し指を回転させ、指の腹を自分とは逆方向に向けます。

同時に布をつかんだ手も回転させ、布をねじります。

 

 

利き手で、逆の手(布をつかんだ手)を包みます。

布をつかんだ手は、力を緩めないよう注意してください。

 

 

人指し指以外の指で、布のねじった部分をつかみます。

指と布の間に隙間なく、綺麗に巻くことができました。

 

布を指に綺麗に巻く。

これだけで、クリーナーでの汚れ落とし、靴用ワックスを使った磨き作業がはかどります。

 

指と布との隙間のせいで、上手く力が入らない。

緩んだ布を、いちいち巻き直す。

そんなストレスが無くなり、みなさまの日々のシューケア・靴磨きが、少しでも快適になれば幸いです。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

東京都世田谷区玉川3-17-1

玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場内

直通電話番号:03-6447-9177

 

Twitter :@FutakoShoecare

Instagram:@futako.shoecare


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。