navi

革靴のカビ予防には専用クリーナーを

こんにちは。二子玉川工房の寺田です。

 

「しばらく履いていない、保管していただけの革靴。

去年は大丈夫だったのに、なんで今年になってカビが生えたの?」

先日のブログ冒頭で触れたラジオ番組にて、歌手の福山雅治さんが話していたことです。

 

確かに、疑問ですよね。

 

その後の、福山さんの予想は鋭かったです。

「他の靴に発生したカビの影響を受けてしまったのかも…」

これはかなり可能性が高いと思います。

 

カビが発生した靴のそばにあった靴、同じスペースに収納していた靴。

これらは、目に見えなくても、すでにカビの菌が付着している可能性があるからです。

 

そのような状況の革靴には、カビの菌に直接アプローチする予防策をお勧めします。

(カビの発生を防ぐための日常習慣として、お勧めできる方法でもあります)

 

 

本格的なカビ予防に必要なもの

カビの菌に直接アプローチするカビ予防には、皮革製品対応のカビクリーナーを使います。

画像の商品は、M.MOWBRAY PRESTIGIO モールドクリーナーです。

 

・色落ち、シミになるリスクが低い

・カビの菌を抑制する力が強い

・持続力が強い

専用クリーナーを使うメリットです。

 

消毒用アルコール、キッチン用カビクリーナーなどは、革の色落ちリスクが高く、残念ながら代用をお勧めすることはできません。

 

 

カビ予防の手順

最初に、クリーナーを使う前の下準備として、目に見える汚れを落とします。

この作業工程は、前回の記事で解説しています。

 

ここからモールドクリーナーを使います。

まずは、靴の内部にモールドクリーナーを吹き付けます。(片足あたりワンプッシュ)

 

 

次に靴本体です。

以下は、少量でも靴全体に満遍なく吹き付けるため、私がよく実践している流れです。

 

靴に直接ではなく、空気中にクリーナーをワンプッシュします。

 

その空間で、逆の手に持った革靴を振ります。

この流れを2回繰り返します。(2回目は靴を逆向きに持つと良いです)

 

1分ほど置けば、靴表面は乾燥するはずです。

もし1分経っても表面が濡れている場合は、柔らかい布(使い古したシャツやハンカチの切れ端など)で表面を拭いてください。

 

これでモールドクリーナーを使ったカビ予防は完了です。

高温多湿な6月~9月は、1カ月に1回のペースでこの予防策を取っておくと安心です。

 

 

カビは発生させないことがベスト

多少のカビは、発生してからでも専用クリーナーを使ってリカバリーできます。

しかし、一度カビが出てしまった革靴は、カビが再発する可能性が高いです。

「カビは予防が重要」とお伝えしている理由は、ここにあります。

 

モールドクリーナーを使ったカビ予防は、革靴を愛用している全ての方にお勧めしたい習慣です。

多湿な日本で、皮革製品と上手く付き合っていくために。

今回お伝えしたカビ予防の方法を、活用していただければと思います。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

東京都世田谷区玉川3-17-1

玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場内

直通電話番号:03-6447-9177

 

Twitter :@FutakoShoecare

Instagram:@futako.shoecare


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。