navi

二子玉川店

期待している靴磨きワックス

二子玉川店 2021.04.06
こんにちは。二子玉川工房の寺田です。 「今回はキレイに光ったな」 「光っているけど、どうもムラがあるな」 靴用のワックスを使って、つま先を光らせるハイシャイン・鏡面磨き。 常に安定した仕上がりに持っていくのは、なかなか難しいものです。 それはいくつもの要素が絡んでくるからです。 ・革のコンディション(表面のザラつきや色) ・ワックス...

一番頼りにしているクリーム

二子玉川店 2021.03.30
こんにちは。二子玉川工房の寺田です。 「やっと戻ってきてくれた」 再入荷を心待ちにしていたクリームが、先週末店頭に並びました。 M.MOWBRAY PRESTIGIO・リッチデリケートクリーム 税込¥1,650 靴磨き、クリーニングで使わないことの方が珍しいくらい、私は頼りにしています。 革に潤いを与える...

良い革

二子玉川店 2021.03.16
こんにちは。二子玉川工房の寺田です。 良い革ってなんだろう? 革靴、革に触れながらいつも考えていることです。 キメが細かい? 厚みがある? ハリがある? こんな条件を同時に満たした革は、綺麗で、丈夫で、型崩れしにくい紳士靴を作るには最適な、良い革です。 ただ、これが全てではありません。 素朴さや無骨さの...

靴が好きな場所

二子玉川店 2021.03.09
こんにちは。二子玉川工房の寺田です。 革靴には、好む居場所があります。 それは空気が良く動く場所です。 一日履いた後の革靴は、余計な水分を空気中に逃がさなければいけません。 (余計な水分が抜けきっていない革靴をそのまま履いてしまうと、内部を中心に傷みやすくなるからです) また、多湿な日本では革靴へのカビ発生に年中気をつけなければいけません。 ...

丈夫さに改めて驚いた靴ひも

二子玉川店 2021.03.02
こんにちは。二子玉川工房の寺田です。 愛用している「靴ひも」を大きく写してみました。 (マクロレンズという、被写体を大きく写すことができるレンズを使いました) こうして大きく捉えると、普段は気づかないことが見えてきます。 ひもの表面が毛羽立っています。 このひもは、使い始めてから約1年。 このまま使っていくと、そろ...

靴が靴であるために

二子玉川店 2021.02.23
こんにちは。二子玉川工房の寺田です。 【靴】 革・ゴム・布・木などで作った履物で、その中に足を入れて歩くもの。 久しぶりに紙の辞典を引いてみました。 三省堂の『新明解国語辞典』には、靴についてこのように書かれていました。 「足を入れて歩くもの」 最後のこの一言に、妙に安心しました。 靴は歩くための道具。 これは、私がずっと大切にして...

靴より気になる靴ひも

二子玉川店 2021.02.16
こんにちは。二子玉川工房の寺田です。 朝の通勤電車。 空いている席に腰を掛ける。 向かいに座る人の足元に視線を落とす。 何年もこの動きを続けてしまっています。 職業柄、どうしても靴に目がいってしまうのです。 気になるのはデザイン、色、素材、コンディション、そして靴ひもです。 たまに目にする靴ひものこの状態が、とても気になって...

嗅覚に頼ってみる

二子玉川店 2021.02.09
こんにちは。二子玉川工房の寺田です。 君のドルチェ&ガッバーナのその香水のせいだよ。 シンガー・ソングライター瑛人さんの楽曲『香水』のワンフレーズです。 昨年末の紅白歌合戦で耳にした方もいらっしゃるかもしれません。 「このフレーズの凄さは、視覚以外のワードの組み合わせにある」 これは作詞家、いしわたり淳治さんによる分析です。 人間の知覚の...

このヒールのすり減り、大丈夫?

二子玉川店 2021.02.02
シューケアマイスター部二子玉川店の寺田です。 「どうも歩き方にクセがあるみたいで」 このような状態の革靴を見て、「歩き方が悪いのではないか」と気にされる方がいらっしゃいます。 確かに、ヒールの外側がすり減っていてバランスが悪いように見えます。 しかし、心配しないでください。 靴のヒールは、やや外側からすり減ることが普通なのです。 ...

手が汚れる靴磨きから抜け出そう

二子玉川店 2021.01.26
シューケアマイスター部二子玉川店の寺田です。 革靴の磨き方をお客様にお伝えしていると、「え?それって本当ですか?」と驚かれるフレーズがいくつかあります。 「靴磨きで手が汚れることは、実はそれほどないんです」 これは、そのフレーズの一つです。 ただし、このためにはブラシをうまく使っていただく必要があります。 今回は、ブラシを活用した手を汚さない靴磨きにつ...


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。