navi

良い革

こんにちは。二子玉川工房の寺田です。

 

良い革ってなんだろう?

革靴、革に触れながらいつも考えていることです。

 

キメが細かい?

厚みがある?

ハリがある?

 

こんな条件を同時に満たした革は、綺麗で、丈夫で、型崩れしにくい紳士靴を作るには最適な、良い革です。

 

ただ、これが全てではありません。

 

素朴さや無骨さのある革靴を作るのであれば、キメが細かすぎない革を。

足あたりが柔らかい婦人靴を作るのであれば、厚みを抑えた柔らかい革を。

 

靴に使う革は、その靴の目的に合ったものが選ばれます。(コスト等の制約はあるはずですが)

 

良い革は目的や状況によって変わってくると、私は考えています。

「これこそ良い革」がはっきり決まっていないからこそ、革靴に触れることが何年経っても楽しいのだと思います。

靴好きの方なら、この気持ちをわかっていただけますでしょうか?

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

東京都世田谷区玉川3-17-1

玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場内

直通電話番号:03-6447-9177

Twitter :@FutakoShoecare

Instagram:@futako.shoecare


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。