navi

このヒールのすり減り、大丈夫?

シューケアマイスター部二子玉川店の寺田です。

 

「どうも歩き方にクセがあるみたいで」

このような状態の革靴を見て、「歩き方が悪いのではないか」と気にされる方がいらっしゃいます。

確かに、ヒールの外側がすり減っていてバランスが悪いように見えます。

 

しかし、心配しないでください。

靴のヒールは、やや外側からすり減ることが普通なのです。

 

 

ヒールはどこからすり減る?

歩行での足の動きは、カカトの着地からスタートします。

実は、カカトは中心ではなく、やや外側から着地しているのです。

それゆえ靴のヒールは外側からすり減っていきます。

 

ヒールの状態で気をつけたいのは、内側からすり減っている場合です。

これは足が身体にとって良いバランスになっていない状態。少し注意していただきたいです。

 

 

傾く足を支える、調整する

靴のヒールが内側からすり減ってしまう原因は、足の傾きです。

(真後ろから見たときに)足が内側に傾いていると、カカトは内側から着地してしまう状態です。

この場合の対処法を2つ紹介します。

 

1. 選ぶ靴の作りを見直す

カカトにしっかりした芯材が入った靴を選んでください。

靴には部分的に芯材が入っています。それは靴自体の形を保持する以外に、歩行をサポートする役割があります。

カカトの芯材は硬めのものをお勧めします。

芯材が柔らかい、もしくは芯材を省いた靴では、内側に傾く足を支える力が弱いからです。

 

2. インソールで支える、バランスを調整する

インソールで足の裏面からアプローチします。

ここで候補となるインソールは、大きく分けて2種類です。

【1】土踏まずをサポートできるタイプ

【2】内側への傾きを調整するタイプ

 

【1】は弊社の商品でもいくつかの種類があります。

CLUB VINTAGE COMFORT・トリプルアーチサポート

CLUB VINTAGE COMFORT・コンプリートアーチサポート

CLUB VINTAGE COMFORT・エクササイズ

それぞれ、土踏まずをサポートする高さ、硬さに加えて、インソール全体の厚みなどにも違いがあります。

このタイプは靴、足との相性を見極めるため、サンプルを使って実際に履いていただきながらご提案しています。

土踏まずをサポートする力は、内側に傾く足を支える力にもなってくれます。

 

【2】はこういった商品があります。

CLUB VINTAGE COMFORT・ストレートステップ ¥1,320(税込)

 

カカトにだけ作用する部分インソールで、傾斜がついています。

 

足の内側への傾きを抑えるには、(真後ろから見て)内側が高くなるようこのようなセッティングにします。

これで内側に傾く足のバランスを調整できます。

 

 

たまにでも、ヒールのすり減り方をチェック

革靴を下駄箱にしまうとき、磨くとき。ヒールのすり減り方をチェックしてみてください。

過剰に心配しなくて良いケース、ちょっと心配してあげたいケース。

まずは、それぞれのケースを知っていただければ幸いです。

「インソールでのサポートが必要かも」と思ったときには、ぜひ店頭でお声かけください。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

東京都世田谷区玉川3-17-1

玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場内

直通電話番号:03-6447-9177

Twitter :@FutakoShoecare

Instagram:@futako.shoecare


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。