navi

リペアのプロと出会う二日間

こんにちは。二子玉川工房の寺田です。

 

革靴は消耗品なのか?

この質問の答えは、一つに言い切れないと思っています。

革靴は、いずれは壊れて、履けなくなる。そう考えれば、革靴は確かに消耗品です。

しかし、適切なメンテナンスをすれば、長く履き続けることもできる。すると、革靴は単純な消耗品だと考えにくくなります。

 

消耗品と言い切れないことは、革靴の魅力なのだと思います。

汚れてきたら磨き、靴底がすり減ったら修理する。

このようにして履き続けた靴は、足に馴染み、手放せない一足になります。

 

「これだ!」と思って買った靴を、消耗品にせず、手放せない一足に育てていく。

そのお手伝いをすることが、二子玉川工房の役目です。

そしてこの役目を果たすには、靴を磨き、修理のご案内をする私だけでなく、実際の修理作業を担っている専門スタッフの力が欠かせません。

 

 

二子玉川工房を支える、修理専門スタッフ

二子玉川工房でお預かりしたお客様の靴は、靴底などの修理が必要な場合、弊社の修理作業場に送ります。

そこには修理を専門とする数人のスタッフが配属されており、日々、修理の作業を進めています。

 

作業場のスタッフは、靴の知識に長け、修理の技術に優れた、頼れる仲間ばかりです。

彼らがいるからこそ、私は二子玉川工房で、自信を持ってお客様に靴修理のご提案ができています。

 

修理作業場の頼れる仲間達は、皆、靴に対してあらゆる角度からの拘りを持っています。

こんなルーツを持った靴が好き、靴のこんな作りを見ると痺れるなどなど。いわゆる靴マニアばかりです。

しかし、私が彼らを信頼しているのは、マニアックな靴の知識そのものによりません。

彼らが修理のプロであるのは、お客様の要望に合わせて最適なメニューを提案し、それを形にできるからです。マニアックな知識は、そのためのベースなのです。

元の靴の仕様に沿った修理はもちろん、履き心地への要望も考慮して、仕様を変更した修理を提案することもあります。

 

 

靴修理のプロに二子玉川で出会う

修理専門スタッフの仕事を、二子玉川のお客様にも見てもらいたい。

彼らの知識や技術に触れてもらいたい。

私が抱いてきた思いを、この度、形にすることができました。

 

6月18日(土)と19日(日)の二日間、弊社のリペア専門スタッフの一人、鈴木悠馬が二子玉川工房に在店します。

 

鈴木は、作業場のなかで、主にオールソールと呼ばれる靴底の全面張り替え修理を担当しています。

そして、ワークブーツに精通したリペア職人です。

オーナーの要望に即して、今まで何足ものブーツのカスタム修理(靴底などを元の仕様から変更する修理)を仕上げてきました。

 鈴木のブーツカスタムについて、より掘り下げたブログはこちらです。

 ↓

   【カスタムの奥義に迫る】ビルド担当鈴木悠馬氏インタビュー 前編

   【カスタムの奥義に迫る】ビルド担当鈴木悠馬氏インタビュー 後編

 

現在、二子玉川工房では、鈴木が在店する二日間に先駆けて、彼が仕上げたブーツのサンプルを展示しております。

ブーツに限らず、ソールを全面張り替えるタイミングでは、仕様を変更するカスタム修理が可能です。

とはいえ、カスタム修理は何でもできるわけではありません。

靴の機能、見た目、履き心地などを考えて、最良のカスタム方法を探っていく必要があります。

実際の作業者である鈴木と会話を重ねて、修理をご依頼いただければと思います。

 

もちろん、当日はカスタム以外の修理相談も、メンズシューズ、レディスシューズ問わずに承ります。

「この靴、まだ直して履けるのかな?」と思う靴があれば、ぜひ、二子玉川工房にお持ちください。

 

二子玉川工房 鈴木悠馬在店

2022年6月18日(土)・19日(日)

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

シューケアマイスター靴磨き工房 二子玉川店

所在地:東京都世田谷区玉川3-17-1

玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場内

電話番号:03-6447-9177(直通)

 

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

「シューケアマイスター」は(株)R&Dの登録商標です。

記載の情報(商品仕様、価格、デザイン等)は記事作成時の情報です。
予告なく変更する場合がございますので、予めご了承くださいませ。