navi

【サッカニー】加水分解しても蘇生させたいスニーカー

FANS.浅草本店のYUMA.です。

さて、本日はアメリカ生まれの「Saucony」(サッカニー)の修理事例を紹介します。
ペンシルバニア州の “ サッカニー川 ” のほとりにある工場で生産されたことから由来するそうです。

今回のペアはこちら。

一見なんともないようですが、カカト周辺をみるとソールが崩れてしまっています。

軽量で高反発なウレタンソールが「加水分解」を起こしてしまっているのです。
こうなると、加水分解した部分をバラした後、新しいパーツにすべて張り替える必要があります。

※「加水分解って何?」という方はコチラ↓

~REDWINGから加水分解を考えてみた②~なぜ加水分解を起こすのか

 

そして張り替えたのがこちら。

今回のようなケースにおいて、張り替えには「EVA」という、スポンジに似た加工のしやすい合成素材を用います。

「EVA」を用いる理由は、

・軽量
・クッション性

といった機能的な側面が大きいですが、それに加えて

優れた加工性

もそのひとつです。

この、「優れた加工性」が活きる場面は様々。
例えば、どんな方にも “ 歩き癖 ” が存在し、履かれている靴には左右で異なる “ 癖 ” がついていることがほとんどです。この場合、修理屋には、 “ 生じてしまった左右差に対応したソールを形作るための調整力 ” が問われます。

ゆえに、削りやすく、微調整が効きやすい「EVA」を用いることが理に適っているのです。
もちろん、微調整を含むソール成形には相応の時間や手間もかかるのですが、それはまた別の機会に。

最近では “ ソールスワップ ” といってドナーからソールだけを取り外し、リペアする対象に移植する手法もありますが、お客様はドナー個体も用意しなければならずそのハードルは高いです。

その点「EVA」による修理なら、ローテクスニーカーっぽい見た目が気にならなければ、広い守備範囲をカバーできます。

また、今回のご依頼の際も

「見た目がかなり変わってしまいます」というお伝えに加え、
「せっかくなら色変えて遊んでみますか?」ともご案内しました。

というのも、「EVA」には今回の修理で用いた “ 白 ” 以外にも、いくつかの色展開があります。
そのため、組み合わせ次第では、購入当初とは異なるオリジナルの配色に仕上げることが可能です。

ちなみに今回は

ウェッジ[白] + ミッドソール[ライトグレー] + アウトソール[黒]

この配色で仕上げてみました。

アッパーにもグレーが入っていますので、違和感なく馴染んでいます。
(カメラの明るさをミスって色が飛んでしまったのが悔やまれる涙)

「EVA」の欠点はウレタン素材に比べると若干硬いこと。

それでも歩きやすいように、

・トー(つま先)
・ヒール(カカト)

に、それぞれスプリング加工(底面に丸みをつけて歩行をアシストする)を施しています。

お客様に気に入っていただけて良かったです。
皆様のご来店・ご依頼もお待ちしております。

 

 

|FANS.浅草本店


▷ 〒111-0034|東京都台東区雷門2-13-4(浅草駅より徒歩2分)
▷ 定休日:毎週 月・火曜日
▷ 営業時間:10:00~18:00
▷ TEL:03-5811-1831
▷ E-MAIL:info-fans@randd.co.jp

※また今後の営業につきましては随時更新いたしますが、突然の変更も起こり得ますので、何卒ご容赦ください。
お客様には大変なご心配とご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願いいたします。

SNSアカウント
フェイスブックツイッターインスタグラムユーチューブオンラインショップ

| 荒井弘史靴誂え室


▷ HP:https://h-arai.com/jp
▷ TEL:03-3841-8570
▷ E-MAIL:info@h-arai.com

※荒井弘史による接客について、現在予約制としております。
ご希望日時を上記の「FANS.浅草本店」もしくは「荒井弘史靴研究所」のお電話、メール、SNS等へご連絡くださいませ。


「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。