navi

仕上げの陰影の秘密

毎度お騒がせしております、池袋工房中島です。

今日のマイスターテクニックは何にしようかなぁ……と考えていた所こんな質問を受けましたので、これでいこうと思います!

『アンティーク仕上げやムラ感のある染めの靴クリームってどうやって選べばいいですか?』

そうですね、確かに難しいかも知れません。

こういった靴に合わせる場合、1番明るい部分に合わせて選ぶのがセオリーではありますが、折角のムラ感がパキッと決まらない気がする時もあります……。

なので私は、その靴の1番濃い所の色よりもハーフトーン明るめをチョイスします!

この靴にはEnglish Guild(イングリッシュギルド)ビーズリッチクリームのミディアムブラウンを塗る事にしました。

 

塗ってブラッシングした状態です。
そこまで濃くなった印象はないかと思います。色の見え方がはっきりした分濃淡がより鮮明になったとは思います。

『もう少し色を濃くしたい』

という質問も良く受けるのでここで実践です。
とは言っても全体にクリームを塗って濃くするのはあまりにも難易度が高いので、今回はつま先に焦点を絞ります!

 

 

先ほど使用したクリームと同じメーカーのダークブラウンをチョイスし、指先で塗っていきます。

 

擦りこみながら、つま先とその脇を塗って立体感を出すのがポイント。

 

 

完成です。
少しつま先が濃くなったのが分かりますか?

濃くしたい=黒いクリームを塗る!を選択してしまいがちですが、とりあえずご近所の濃いめの色からチャレンジしてみてください。

靴磨きの方法は無限大です~。

というわけで、次回の更新は4/17(火)ですのでお楽しみに!



「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。