navi

Meister Recommend 2 Tricker’s (Monkey Boots)

職業柄「オススメの靴は?」と質問をお受けることが多々ありますが、正直いつも悩んでしまいます。

今回2回目となります「Meister Recommend」。
レオ・西村氏が考案した「マイスターのおすすめ」という事になりますので責任が重大です。

前回は知る人ぞ知る名品「BONORA」でした。

今回、私はテイストを少し変え紹介させて頂きたいと思います。

 

 

「Tricker’s (Monkey Boots)」

新人の頃に営業部に所属する柴崎氏から購入した一足。
正式名称?はプレーントゥっていうんですね。
初めて本格的な革靴を購入したということもあり
なんとも思い出深い一足であります。
履いてから約8年くらいでしょうか。
ロゴが擦れて確認できませんが、確かPaul Smith別注でした。
通常のタイプよりも柔らかい革を使用している他、シューレースホールが一段多いのも特長です。

Tricker’sと言えば
BOURTON MALTON辺りが定番となる中、なぜMonkey Bootsか。
それは柴崎氏が安く譲ってくれたからと言うだけ(笑)。
それからMonkey Bootsが大好き、と思ったことはないのですが
何故か今仕事で履いている靴もMonkey Boots。
なにかとご縁があるようです。

そう考えるとなぜMonkey Bootsを選んでしまうのか。
それは、本能的に好意を寄せている&履き易いのだと思います。

紹介させて頂いている靴もボロボロでありますが
カカト修理3回
ソールの交換は2回。

 

 

コマンドソールの前はダイナイトソールでした。

リウェルトも1回行ってます。
プルリングの交換2回。
外羽根の補強。

様々な修理を行い
購入した時の靴の値段より維持費の方が高くなっています。

正直新しいの買った方が綺麗だと思うのですが
修理して履き続けていました。
今は流石に殿堂入りで履くことはほぼありませんが
手放すことはないと思います。

結論になりますが、私がオススメさせて頂く「靴」は「Tricker’s(Monkey Boots)」。
自分が長い事履いて、修理して、特性を知った上でお勧めするならこの靴だと自信を持ってお伝えしたいと思います。

シューケアマイスター靴磨き工房 三越銀座店のはたの

 

次回は7/3(火)の更新ですので、お楽しみに。



「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。