navi

Pick Up Interview 彩革の匠 安富 好雄さん 1/2

インタビューの第二回は知る人ぞ知る、彩革の匠 安富 好雄さん。シューケアにかなり、というか業界人並みに詳しい方はご存知かも。

私もかつて店頭でお客様から「レジェンドは今は何をしていますか?」なんて聞かれて改めてその存在の偉大さに驚いたものです。

皮革製品の「最後の駆け込み寺」と言われるほどの塗装、染色技術の腕前はさまざまなところで耳にします。

それでは今回もぜひ、ご覧ください。

 

今のお仕事をするようになった経緯を教えて下さい。
元々R&Dにいて、シューケアをやっていたんだけれども、お客様から「これを直してほしい」「これはどう使うの?」と、問い合わせがあるわけです。シューケアについては商品を使って、というのはもう長くやってきたから自分の中で確立できた気はしていて、ちょっと自信を持っていたので、どうしてもシューケアだけではできないことってあるでしょ?何ができないかっていると「色をしっかり作ることや乗せること」。つま先やかかとが剥げたり、傷がついたりしたときにシュークリームやレザーマニキュアだと限界があるんだよね。
色をぴったり合わせる、合わせないと境目ができる。シューケアと塗装を2つやれば完璧まではいかなくてもある程度のことはできるかなって。
それと(R&Dを)卒業みたいな形で何かやってみようって思って。
もともと色が好きだったっていうのもあるよ。子供のころは絵が好きだったからね。

現在のお仕事内容を教えて下さい。
靴やカバンの染め替えで、色を作って合わせて目立たなくすることで、シューケアなんかも声がかかることがあるわけ。
NHKとかも話が来るんだけど、あんまり人前に出るのも苦手だし、億劫だしで難しいかなと思っているんだけど出てみたの。
それで大体4年に一回くらいのペースで出ていて、NHKのテキストもあるよ。アサイチの有働アナウンサーの鞄もね、直したよ。
喜んでくれたみたいで、よかったよ。

ご自身のお仕事の、一番のやりがいは何ですか?
やりがいは「お客さんの喜び」で喜びが自分にすぐ移るからね、それと自分のやりたいことでもあったし、趣味みたいなところもあるし。
ただ、続けるっていうのはこう、お客様がびっくりするのが嬉しい。「前の鞄捨てなきゃよかったー」って言ってくれる人もいるよ。
13年、細々とだけどやってて。いくらやっても職人の仕事だから細々なんだよね。1+1=2。そんな世界。営業さんがいるとそれが3とか4になるんだけど。
省略はできない世界だね。

人生のターニングポイントがあれば教えて下さい。
自分で何か、自由なことをやってみたいなと思ってて、それと「自分がこれからどうやっていくのか」って気持ちもあって。
自分を生かせることをやろうって。それで「何がいいんだろう」って一所懸命考えて。
だから、その時かな。自分で何かやろうって状況で考えたのがよかった。そうしないとなかなか頑張ろうってならないかな。

毎日続けていることはありますか?
何もないよー(笑)。仕事を一所懸命やる。自分はそういう芯みたいなのがないみたいで……。だから習慣というよりはとにかく仕事を一所懸命にやる。そうやってきたから。
自分をうんと売ろうとか、そういうのは自分はできないから。わかってくれる人だけわかってもらえればいいかなって、そういう種類の仕事かなとも思うし。
だから「安富さんのところなら絶対間違いない」って言ってくれる人もたくさんいて、靴やカバンで困っているお客さんがいろいろなお店に行っても「みんなココを紹介してくれるの」なんて。

休日の過ごし方を教えて下さい。
昔は畑で野菜を作っていたんだけど、今は仕事が増えてきてね。休日はあまりなかったりするんだけど、そうだね家族の手伝いをしたりすることがほとんどかな。

好きな靴のブランドはありますか?
今はこういう仕事をしているから歩きやすい靴がほとんどだけど昔はYANKOはよく履いたな。たくさん持ってたよ。あとはFinnComfrt。最後の方は歩きやすい靴が多かったかな。かな。
修理屋さんで最近はカッコよくやっているところもあるけど、ああいうのは自分はできないから(笑)

マイブームなどがあれば是非教えて下さい。
自分の仕事を一所懸命やることかな。ずっとだけど……。孫と遊ぶのは楽しいね!

 

まさにThis is Legendの安富さん。「仕事を一所懸命やる」この言葉の重みは綺麗になった靴やカバンがまさに裏づけ。

そしてですね、今回はこう言ったQ&A式のお話が終わった後に、実際の作業のエピソードを聞いてみました。

メタリックレザーの塗料って何でできているのか、まさか金や銀は本物を使うわけでもないですし。

そして何より作業に使うエアブラシ。私も想像しなかった思わぬ注意点などをお話ししてくれました。

その模様はまた来月お送りしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 



「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。