navi

スムースレザー(一般的表革)

木製シュートリー(シューキーパー)を靴に装着

木製シュートリー(シューキーパー)を靴に装着

木製シュートリー(シューキーパー)を靴に装着します。
※履きシワを伸ばすことで、しわの間の汚れなどを取りやすくしますので、お手入れの際は必ずシュートリーを入れてください。

表面のホコリや泥などを落とす

表面のホコリや泥などを落とす

プロホースブラシで表面のホコリや泥などを落とします。
※ホコリを落とすときには毛先が細く柔らかい馬毛のブラシが便利です。

ステインリムーバーで古いクリームを除去

表面のホコリや泥などを落とす表面のホコリや泥などを落とす表面のホコリや泥などを落とす

M.モゥブレィ ステインリムーバーをよく振って混ぜ合わせてください。リムーバークロスを指に巻き、指先にステインリムーバーを適量含ませます。ステインリムーバーで撫でるように、軽く靴全体を拭いて表面の古い汚れと古いクリームを除去してください。※強い力で擦る必要はございません。
クロスに色がつきます。これが古い靴の表面やしわの間に残っているクリームやワックスです。、靴の表面のクリームやワックスが取れて、光沢感がなくなります。

シュークリームジャーを塗布

シュークリームジャーを塗布

プペネトレィトブラシにM.モゥブレィ シュークリームジャーを米粒2~3粒程度取ります。
※シュークリームジャーは伸びが良く、浸透性も高いため、この量で片足の量になりますが、ひどく乾燥している場合や、キズがひどい場合はもう少し増やす場合もあります。

クリームを全体に伸ばす

クリームを全体に伸ばす

クリームを全体にスピーディに伸ばしていきます。コバの部分や細かい部分にも軽く塗り込んでください。

プロホワイトブラシを全体にしっかりかける

プロホワイトブラシを全体にしっかりかける

塗ったクリームが乾燥しないうちに素早くプロホワイトブラシを全体にしっかりとかけて、クリームを均一に靴全体に広げながら余分なクリームを取り除いていくと、この段階でかなりの光沢が出てきます。※ブラシの毛は少し硬めの化繊や豚毛の方が伸びが良く光沢も出ます。

グローブクロスで磨きをかける

グローブクロスで磨きをかける

ブラッシングでは取りきれなかった残っているクリームをグローブクロスでさらに磨きをかけて仕上がりです。※磨いていると光沢がより出てきます。表面にクリームが無くなり通気性も良い状態で保てる上に、汚れもつきにくくなります。

プロテクターアルファで防水

プロテクターアルファで防水

防水力を付けたい場合はM.モゥブレィ プロテクターアルファをスプレーしてください。完全に乾いてから軽く乾拭きをしてください。※雨の日に履く靴の場合は、スプレー後30分程度乾かしてください。

関連記事