navi

良い革、悪い革 その1

FANS.浅草本店

FANS.浅草本店のミムラです。

「革好き」「レザーマニア」「エイジング派」

そんな皆様にオススメの革がございます。

 

「ベジタブルタンニンレザー」

 

その名はどこかで聞いたという方も多いかもしれません。

しかし、実際どんな革なのか?

【荒井弘史 HIROSHI ARAI】

例えばこちらの一足はベジタブルタニンンレザーです。

クロムやタンニン、鞣し方など細かな話を抜きにして

「磨き屋として」この革の特性について語るなら「職人泣かせ」だと思います。

まず非常にシミになりやすく、クリームもかなり吸い込みます。

なので扱いが難しく、汚れ落としするだけでも気を使います。

変化が起きやすく、ムラや傷も目立ちやすいです。

 

そうしたデメリットもありますが、しかしこの革にしかないメリットも多くあります。

試し履きをしてみました。

左足の軽く曲げたときのシワの表情をご覧ください。

履いたらすぐにわかります、非常に柔らかい!

まるで革の手袋を着けているかのように足にピタッと馴染みます。

この履き心地は他の革では味わえません。

ぜひご来店の際にはご試着してみてください。

 

そしてベジタブルタンニンレザーはどうやって手入れすればよいのか?

ぜひこだわっていただければと思います!

 

クリームを良く吸うので好みの色の方向性に育てられます。

つま先やカカトだけアンティーク調に仕上げるのも非常にマッチします。

またしっかり磨くと、独特の透明感のあるツヤが出てきます。

雨に弱くシミにはなりやすいものの、シミになっても復活しやすいです。

クリーニングすることでほとんどの場合は改善してくれます。

そうして長く、手入れしながら付き合うと最高の一足に育つ革です。

 

というメリットとデメリットがある革、ベジタブルタンニンレザー。

扱いが難しい代わりに手間をかければ、唯一無二の相棒になるポテンシャルを秘めています。

 

良い革、悪い革、というのはないと個人的には思います。

それぞれのメリット・デメリットがございます。

 

お客様のご要望に合うような革、それが一番の「良い革」の条件だと考えています。

当店ではベジタブルタンニンレザーも数種類ご用意しております。

ぜひこの味わい、柔らかさ、透明感をお手に触れてお確かめください。

お気に召しました革があれば一足作ってみると楽しめるかと思います。

 

FANS.浅草本店

〒111-0034
東京都台東区雷門2-13-4
TEL:03-5811-1831
【火曜定休】
10:00~18:00

 

Instagramアカウント→https://www.instagram.com/fans.asakusa/

Twitterアカウント→https://twitter.com/fansshoe



「シューケアマイスター」は (株)R&Dの登録商標です。